家族を大切にする七呂建設

家族を大切にする七呂建設

日本は現在、共働きが珍しくない環境となっています。そのため、子供たちは家で相談する相手がいないため、ストレスを感じやすくなっているという声も聞かれます。また、共働きをすることによって、家庭内で話し合う時間が少なくなって、結果的に離婚という選択肢を取ってしまうというケースも少なくないようです。このようなケースを避けるため、邁進している住宅業者があるといいます。鹿児島県内で着工棟数第2位という実績を持つ、株式会社七呂建設が該当するそうです。一体、この企業はどのような取り組みをしているのでしょうか。

 

七呂建設では、家族のあり方について問われている時代だと考えているといいます。急激に変わりはじめている社会のシステムに対応することによるストレスは、家庭内のあらゆる人のストレスとなっているというのです。そのため、家族はお互いに励まし合い、その個人の悲しみを理解しつつ、成長していく必要があるという考え方を七呂建設は持っているといいます。傷ついて帰ってきても、あたたかい癒しの空間を住宅の中につくる必要があると発信しているようです。

 

では、七呂建設がそのために行っている具体的な施策は何なのでしょうか。まず、注目されているのはホームシアターなのだそうです。ストレスを解消するには、感情を解き放つことが重要です。いわゆる「カタルシス」です。物語にのめり込むのに必要な大画面で、楽しむ映像を映し出す環境をつくることによって、より大きな感動を得ることが可能となります。さらに、ドラマや映画だけでなく、家族の記録として残した映像を見ることも、家庭内の絆を深めることに一役買ってくれるでしょう。このような家に住むことによって、「ありがとう」という言葉が自然に出てくるようになったという家庭もあるようです。さらに、「思い出ポケット」というものも見逃せません。これは回想法を利用していて、子供への愛情が写真やコメントによって可視化されるのだそうです。こうすることによって、愛情をより明確に伝えることができるため、両親への理解や思いやりがある子供に成長しやすいといいます。これは七呂建設ならではの取り組みといえるでしょう。

 

株式会社七呂建設は、昭和35年の創業以来、南九州エリアで抜群の知名度と実績を持っているといいます。誠実であたたかな社風は、家族のあり方について考える商品を見ても伝わってくるのではないでしょうか。これらは新入社員についても良い影響があるとのことで、丁寧な指導方法には定評があるようです。株式会社七呂建設は、自分を高めて社会貢献ができる人材を育成するのに向いているといいます。